『変容し解体する資本主義』のご紹介


 全国社研社から『変容し解体する資本主義――“管理通貨制度”とは何か、そしてそれは歴史的に何を意味するか』(定価2200円)が発行されました。主な内容は以下の通りです。ご購入希望の方はこのホームページ上からも申し込むことができます。申し込みを確認できしだい速やかにお送り致します。代金は現物を受け取ったあとで、同封される郵便振替用紙にてお支払い下さい。

口座番号(郵便局):01120−5−43747

 

 

 


現代資本主義の本質に迫る

林紘義氏の新著作『変容し解体する資本主義』

 林紘義氏の著作、『変容し解体する資本主義――管理通貨制度とは何か、そしてそれは歴史的に何を意味しているか』が出版されました。

 値段は三千円、四千円にしてもおかしくないほどの本ですが、できるだけ多くの労働者、青年の手にという著者の願いから、二千二百円に抑えられています。しかしA四版四百頁に字がぎっしりつまった、ある意味で大変な書物であり、読み通すだけでも容易ではありません。まして書かれている内容を実際に深く理解するには、読書会などでじっくりやる必要があるように思われます。

 その内容は基本的に、筆者が序文でも述べているように、現代資本主義にとって本質的な側面をなす“貨幣的”現象の徹底的な批判的分析であり、現代資本主義の根底的な理解にかかわっています。

 ブルジョアどもは、今では資本主義の変容を知っており、その修正を謳うばかりか、強調さえしています。「福祉国家」、「修正資本主義」は彼らの決まり文句でさえあります。ケインズは、資本主義が変容したことを最初に自覚したブルジョアの一人であり、この資本主義の変容の最も重要な環として、“貨幣”的現象を認め、金本位制に反対して“管理通貨制度”を擁護する論陣を張り続けました。

 今では、ケインズの理想は現実のものとなったかです。彼が望んだ通り、貨幣は“管理通貨”となり、「野蛮な金属」の呪縛から人類は解放されたのですから、経済は人間の「理性的な」統制、規制に従うことになり、かくして資本主義的矛盾は過去のものとなったはずです。

 しかし実際には、現代資本主義はありとあらゆる矛盾に苦しんでいます。ケインズが“管理通貨”によって期待した「完全雇用」は実現しておらず、財政膨張政策も不況をなくさなかったばかりか、慢性的なインフレ経済をもたらし(いわゆるスタグフレーション)、財政崩壊、バブル経済、企業の腐敗を一般的なものにしてしまいました。通貨は腐り、経済全体が腐朽し、頽廃したのです。

 林氏が論じるものこそ、まさにこうした現代資本主義にとって本質的なことなのです。本書の意義とか基本的な内容は、四面に全文掲載した序文に詳しいので、ここでは触れませんが、とにかくこれが自覚した労働者、青年の必読の書であることだけはいくら強調してもしすぎることはありません。労働者の中に広く持ち込み、新しい労働者党建設の一つの有力な手段として活用する必要があると確信します(本書は全国の主要な書店の他、全国社研社でも取り扱っています。郵送料三百円をそえてお申し込み下さい。三冊以上まとめての場合は郵送料は無料です)。


『変容し解体する資本主義』序文

著書について林氏自ら説明

 林紘義氏の『変容し解体する資本主義』が出版されましたが、この本の内容や性格については、林氏自身が序文の中でのべています。この本の意義を確認するために、序文の全部を紹介したいと思います。

  一

 この本に掲載されたものは、ほとんどが数年前、二年間にわたって社労党の理論機関誌『労働と解放』(現在の『プロメテウス』)に、『現代の“国際通貨制度”』という題名で連載されたものであるが――この連載の課題は、現代資本主義の貨幣制度ともいえる“管理通貨制度”をいかに理解し、評価するかであった――、今回、『変容し解体する資本主義――“管理通貨制度”とは何か、そしてそれは歴史的に何を意味するか』の名で一冊の本にまとめられることになった。

 現代の資本主義の特徴も、様々な面からとらえることができる。例えば、独占資本主義あるいは国家独占資本主義と規定することもできれば、帝国主義段階の資本主義と言うこともできよう。しかしいかように規定するにしても、現代資本主義の根本的な特徴――唯一とまでは言えなくても、その最も顕著なものの一つ――として、貨幣面における変化すなわち通貨が金属貨幣ではなくて紙幣もしくは事実上紙幣化した中央銀行券になっているということ、つまり“管理通貨制度”をあげることができるだろう。この著書が取り扱うのも、まさにこのことである。

 現代資本主義の顕著な現象であるインフレにしても、バブルにしても、企業の頽廃にしても、あるいは財政崩壊にしても、ドル支配の解体や変転きわまりない為替相場の問題にしても、さらには「恐慌が止揚された」かに見えることも、“福祉国家”の幻想さえも、すべて貨幣が金属貨幣とのつながりを断った“通貨”に進化してきているという“貨幣的”事実を抜きにしては、いくらかでもまともに評価することも、考察することもできないのだ。この意味において、“管理通貨制度”を論じることは、現代資本主義にとって本質的なものを論じることでもある。

 もちろん、これが単純な“進化”でないことは明らかであろう。ケインズは、この資本主義の変容とその意義を確認した最初のブルジョアの一人であり、彼はこの変容こそ資本主義の前進であり、その安定と繁栄を保障すると信じた、しかし我々は、この変容こそ、まさに資本主義の頽廃と解体の深化を教えるものであって、資本主義が資本主義以外の他の制度に移行していくこと――行かなければならないこと――を告げ知らせているのだ、と主張するのである。

 現代の特徴が貨幣が腐っていくことにあるといっても、それは何も現代資本主義にだけ特有なものでなく、商業と国家財政がすでに存在したところでは、どこにでも生じたことであった。例えば、西欧では絶対主義の国家がそうであったし、日本では江戸幕府も“貨幣悪鋳”を繰り返しつつ、その没落に向かって転げ落ちて行ったのではなかったか。現代の通貨の腐敗――それは何も急激なインフレの時だけでなく、この今においてさえ、絶えず進行しているのだが――もまた、この社会を根底からむしばみ、腐らせ、解体しつつあるのだ。それは決して直接的な物価騰貴ということだけではなく、例えばバブル、財政危機、企業の頽廃、ドルの崩壊、等々の広範な社会的影響をもって現われるのだ。

 現代の資本主義が国家による経済の“管理”もしくは経済への“介入”を重要な契機としていることは誰でも知っていることであるが、しかしその最も中心的な環をなすものこそ、貨幣の“管理”であろう。貨幣を管理することによって初めて現代ブルジョアジーは、経済全体をいくらかでも規制し、統制する手段を手に入れることかできたのだ。この意味で、管理通貨制度を検討することは、とりもなおさず、現代資本主義にとって本質的なものを検討するということでもあり、その矛盾を深く、根底的に理解するということでもあろう。

  二

 現在では、すでに戦後構築されたままのIMF体制(International Monetary Fund“国際通貨基金”の体制)は過去のものである。ドルと金との結びつきは断たれたままであり、また「固定平価」の制度は「変動相場制」――それが実際にどんなに“管理”されていようとも――に移ってしまっている。戦後のIMF体制――我々はこの言葉で、一九七一年までの体制を表現するのだが――について分析したことは、すべて現実から遊離した無益なものになったかである。

 しかし、IMF体制のもとで、ドルと金が辛うじて結びついていたことの意味を正しく評価することによってのみ、この結びつきが切断された現在の“ドル”と、今なおそれを中軸として動いている世界資本主義の本当の意味が理解されうるのである。また「固定相場制」の意味が理解されて初めて、それを否定して登場した「変動相場制」が何を意味し、どんな歴史的な意義を持っているのかも了解されるのである。これは、現在の「通貨」の意味も、ただ本来の貨幣の本質を理解することによってのみ、それを媒介することによってのみ正しく、真実に理解できることと同様であろう。

 我々は“金本位制”を否定して「管理通貨制度」に移行していくこと(“通貨”がますます金から切断されていくこと)、そしてまた「固定平価制」から「変動相場制」に移っていくことは、資本主義の(あるいは資本主義において不可避である“貨幣”の)進化等々では全くなく、資本主義世界全体の矛盾と混沌の深化であり、資本主義が全体として頽廃し、解体に向かっていく一契機、一過程である、と評価する。そしてまた、こうした“制度”は一見してブルジョアジーに資本主義的矛盾と闘う手段を提供しているかに見えながら、実際には資本主義の矛盾を内向させつつ引き延ばし、さらに解決不能なものに転化し、また資本主義世界を分断し、ブルジョア諸国家のエゴイズムを助長するだろうと主張してきた。我々のこうした批判がどんなに正当であったかは、この二十年の変動相場制の歴史が、事実でもって明らかにしている。

 例えば、変動相場制は世界で最も強大な国家であったアメリカの誰はばかることのない露骨な利己主義の手段になり、徹底的に利用されてきた。実際、アメリカの貿易収支のおそるべき赤字――それはアメリカがわずか十年余で世界一の債権国家から世界一の債務国家に転落させるに十分であったのだが――は、アメリカの通貨価値の崩落の結果であって原因ではなかった、と言うべきであろう。アメリカは“国内的な”困難と闘うために、財政・信用を膨張させ、生産でなく消費をふくれ上がらせ、まさにそのことによってますます寄生的な国家(全世界に寄生する帝国主義的国家)、巨大な債務国家へと転落したのだ。もしアメリカが「固定平価」を守ろうとするなら、こんなにもひどいドルの“減価”やたれ流しはできなかったであろうし、ましてドルが金との“交換性”を維持していたのなら、一層そうであったろう。実際、結果的に見て、アメリカはより寄生的で帝国主義的な政策、より利己的な政策を拡大するためにこそ、ドルと金の交換を停止し、また変動相場制に移っていった、と言えなくもないのだ。世界のリーダーのアメリカがこんなにも無責任で利己的であったとするなら、一九七一年以降、現代の資本主義、世界の資本主義が全く放恣の体制、「後は野となれ山となれ」式の無責任と利己主義の体制に変質して行ったとしても、何の不思議があろうか。そしてまさにこうした徹底的に“無責任”と放恣の体制、したがってまたバブルと“カジノ”の体制こそ、世界資本主義の解体を根底的に、深く準備してきたのである。

 今(一九九六年の春)、世界中に実に七千億(約八十兆円)ものドル債務が累積している。このうちの半分はアメリカ以外のブルジョア国家が保有しており、アメリカの“国際協調”の呼びかけに応じ、自制的に振る舞うかもしれないが、しかし残りの半分は、投機的利益を求めて世界中の“資本市場”を駆けめぐっている“不安定な”カネであり、いわゆる“投機家”――広い意味での――の手中にある。そして、いったんドル危機が発展するなら、彼らがドルの投げ売りでも何でもしてくるであろうこと、そうなればドル体制がたちまち崩壊の危機に直面するだろうことは明らかである。ドル体制は「累卵の危うき」にあるのだ。実際この事実は、資本主義世界の崩壊と解体を示唆し、予告していないであろうか!

  三

 そしてまた我々は、歴史的な破綻に直面しつつある“ドル中心の”資本主義世界、国家財政の崩壊やインフレやバブルや大量失業にさえ直面している危機的な経済が、どんなにケインズ主義と結びついているかを確認する。実際、ドルや円が金(ケインズが「野蛮な金属」と呼んだもの)との直接的な結びつきを断っている現在の世界の資本主義は、根本的な点でケインズが理想としたものであろう。彼はこの“理想”を実現することによって、資本主義を改革し、管理し、修正し、その矛盾を解消し得る――少なくとも、激烈な形で顕在化し、爆発してくることを阻止し得る――と信じたのだ。

 しかし現代資本主義は資本主義の矛盾を止揚したのではなくて、実際には、矛盾にいくらか違った形を与えたにすぎなかった。独占資本は財政・信用を膨張させ、危機の爆発を繰り延べ、とりつくろい、解消させることに成功したと信じた、しかしその足もとから、財政崩壊とかインフレとかバブル経済とかの新しい危機がたちまち発展し、はびこってきたのであり、それらの新しい危機もまた、かつての危機に負けず劣らず資本主義の避けられない矛盾と、この体制が死滅して別の体制に移っていかなくてはならないことを、その必然性と必要性を告げ知らせているのである。

 ここに掲載された文章はすべて、以前、雑誌に連載もしくは掲載されたものである。第一部と第二部は『労働と解放』の一九八八年六月号から一九九〇年七月号までに、十三回わたってとびとびに掲載されたものであり、第三部だけがそれよりも二十年ほど遡る一九七一年に書かれ、『科学的共産主義研究』三十号(一九七一年十月号)に載せられたものである。いずれもこの本にまとめるにあたって、文章に必要な訂正や校正、事実の訂正など少しさせていただいたが、内容及び根本的な理論や思想は、掲載されたものと全く同じである。

 最初に書かれた部分が、この本では第三章として最後に来ているが、それは本の構成上やむをえないことであった。この部分は一九七一年のニクソンによる「ドルと金の交換性の停止」という衝撃のもとで書かれたものであり、戦後のIMF体制を扱っている。他方、十三回の連載の方は、マルクス主義の貨幣論から始まって、第二次世界大戦にいたるまでの“国際通貨”及びそれと表裏の関係にある“管理通貨”の激動する歴史に関するものが主要な部分を占めており、IMF体制のいわば前史である。この本にまとめるに当たっては、時期的に“整合性”のあるように、まず連載の主要な部分を前半に掲載、ついでケインズ主義批判の部分を持って来て、最後にIMF体制を評価したものを置くことにした。第二部で扱っているケインズ主義批判のテーマは、ごく最近発行された『プロメテウス』二十二号(一九九六年夏季号)掲載の「ケインズと“国際通貨体制”」で再度詳しく論じているので、併読していただければ好都合である。『資本論』からの引用は、すべて岩波文庫版からであり、@、A、B、……の数字でその第何分冊に当たるかを示している。すなわち「@一二五頁」とあれば、岩波文庫第一分冊一二五頁ということである。

 言うまでもなく、著者を支えている情熱は、現代の資本主義世界の崩壊に対する、その必然性に対する確信である。現代資本主義の余りにも大きな矛盾の蓄積と困難は、それをこの“体制”の内部で解決することを全く不可能にしているのだ。ケインズが推奨してやまなかった“管理通貨制度”は、資本主義の矛盾を解消したのではなくて、それを取りつくろい、隠蔽することで、いっそう困難で解決不能のものに“高めた”のだ。この著書が多くの先進的な労働者に、資本主義の不可避的な崩壊と解体についての展望と確信をいくらかでも醸成し、深め得たとするなら望外の幸せというものである。

一九九六・七・一四

林 紘義