To English Pages。 メールを送ります。
 ★自民党と反動の改憲策動、軍国主義路線を断固粉砕しよう!
 ★「搾取の廃絶」と「労働の解放」の旗を高く掲げよう!
 ★100万票を獲得し、労働者の代表を国会へ!
   
代表委メッセージ 機関紙『海つばめ』 選挙・議会闘争 党建設・党活動 集会・セミナー等
2月24日に予定していた中央『資本論』学習会第1回は、新型肺炎感染拡大対応のため、3月8日(日)に延期します。会場は西武池袋線中村橋駅から徒歩3分の「サンライフ練馬」で、午後2時からです。報告要旨は党ブログで閲覧できます。奮ってご参加ください。

巻頭言

身の丈に合わない野望
――
野党共闘派都知事候補への山本の野心

  2020年1月31日


 闘う労働者の新聞  『海つばめ』 を読もう!
『海つばめ』最新号(1373号)2020/2/16
【一面トップ】税金の無駄使いこそ問題だ――与野党協賛のポピュリズム政治糾弾
【一面サブ】私は労働者党で彼は共産党員――昔の仲間に再会
【お知らせ】
【コラム】飛耳長目
【二面〈主張〉】「核の傘」の代償払え――米国の横暴か正当な要求か
【二面トップ】単純商品と資本主義的商品――交換価値(価値)とは何か
        中央資本論学習会①

 ※『海つばめ』電子版(テキスト版又はPDF版)も販売しています。
 本紙=50円+税 詳細は
こちら。 PDF版の見本はこちら
 ※注目記事はこちら。


    「党友」制度発足
中央体制強化のため財政支援をお願いいたします。

 労働者党は、19年10月に開催した第5回大会で、19参院選の敗北を深刻に総括するとともに、今後の選挙闘争(当面22参院選)にも参加するために、組織的、実践的に準備を進めていくことを決定しました。
 この大会で私たちは、中央の体制が弱く、19参院選を十分に闘うことができなかったことを総括し、地方にいる有能な党員を中央に迎え、中央の体制を強化して闘っていくことがどうしても不可欠だと考えました。
 そのためには、新たな代表委員となった党員の中央での生活を最低限支えることが必要ですが、党の財政基盤は弱く(参院選で一人でも当選すれば解消できましたが)、財政的支援の制度として「党友」制度をもうけ、皆さんのお力をお借りしたいと考えました。
 「党友」になりましたら、財政的支援として3千円~1万円/月(3.6万円~12万円/年)のカンパをお願いしたいと思います。労働者党の大会に傍聴として参加できるという特典と『海つばめ』年間購読料を無料にするという特典をもうけました。
 「党友」制度賛同の金額は決して少なくないものですが、労働者党の闘いの前進のために、皆さまのご理解とご賛同をお願いする次第です。
 なお、カンパ(寄附)は「政治資金規正法」の規正を受けます。それは、1寄附者は「年間5万円を超えるものについて、寄附者の氏名等」を公表しなさいというものです。その旨ご理解とご了承をお願いいたします。

  党友制度

 ★19参院選の結果はこちら




   19参院選 新宿駅アルタ前で演説する林ひろよし党代表
  ユーチューブにアップしました。こちらから (1) (2)


お知らせ・更新情報


    ★2017.04.10.......労働の解放をめざす労働者党結成

TOP
「貧者の一灯」のカンパを!

労働者党ブログ
 労働者党・ツイッター

いかなる観点で『資本論』
学習会を組織するかの指針
《資本主義をトータルに
 理解するために》
『資本論』を学び、
『資本論』を超えよう
2019年12月発行
定価 200円


【第2版(増補改訂)発行】

我々はいかに闘ったか
神奈川11区の闘い
第2版(増補改訂版)
2018年7月1日発行
定価 1300円


労働の解放をめざす
労働者党
綱領パンフ
1部  200円


「アベノミクス」を撃つ
カネをバラまくことで
国も経済も救えない

安倍政権誕生当初より、
アベノミクスは経済・財政の
破綻を準備と徹底批判
定価 2000円
(2013.11発行)

他の出版物は
こちら
【連絡先】
  全国社研社 〒179-0074
  東京都練馬区春日町1-11-12-409
  TEL/FAX 03-6795-2822

  Eメール webmaster@wpll-j.org
Visitors since July. 2017
    Total:     
Last Updated :