To English Pages。 メールを送ります。
 ★自民党と反動の改憲策動、軍国主義路線を断固粉砕しよう!
 ★「搾取の廃絶」と「労働の解放」の旗を高く掲げよう!
 ★100万票を獲得し、労働者の代表を国会へ!
   
19参院選立候補予定者を紹介します。最初は比例区で闘う、吉村ふみおさんです。
比例区名簿第一位の吉村さんは、2%の票を得た時に国会へ殴り込みをかける我らの切り込み隊長です。長らく労働者として、また労働運動の活動家として生きてきた、信頼できる労働者の仲間です。(『海つばめ』1330号で経歴が紹介されています。)
代表委メッセージ 機関紙『海つばめ』 選挙・議会闘争 党建設・党活動 集会・セミナー等
来年の19参院選で労働者党は確認団体として闘う準備を進めています。昨年闘った17総選挙を伝える『我々はいかに闘ったか』(出版物案内をご覧ください)の第2版を出版し、始まった労働者党後援会拡大の闘いに活用されています。労働者の代表を国会へ送るため、一緒にガンバロー!

代表委員会メッセージ

騒々しい変調曲
――選挙法改正と野党

  2018年7月15日


 闘う労働者の新聞 『海つばめ』 を読もう!
『海つばめ』最新号(1331号)2018/7/15
【一面トップ】挫折した野党共闘路線――志位共産党に19参院選勝利の展望なし
【一面サブ】参院選を闘う10名の面々――比例区2位は林紘義さん
【コラム】飛耳長目
【二面〈主張〉】トランプの保護主義――世界経済は危機と激動の時代へ
【二面トップ】(一面トップからの続き)

 ※『海つばめ』電子版(テキスト版又はPDF版)も販売しています。
 本紙=50円+税 詳細は
こちら。 PDF版の見本はこちら
 ※注目記事はこちら。

  来年の参議院選挙を
  確認団体として闘います。
  絶大なるご支援、ご協力をお願いします。
 3月24、5日、労働の解放をめざす労働者党は臨時大会を開催し、来年の参院選を、国会での議席獲得を目ざす当面の重要な〝決戦〟と位置づけ、確認団体として闘い抜く方針を採択しました。
 昨年の春、労働者党を再建し、新しい党の建設とともに、重大で、厳しい、そして決定的な、我々の挑戦を開始しました。それは国政選挙に参加し、労働者派の議員を生み出すために、ここ数年間の闘いを闘い抜き、労働者解放の道を切り開いていくということでした。その始まりとして昨年10月の総選挙を神奈川11区において闘い、ようやく決戦の闘いを準備し、ただ一直線に闘い抜く段階に来ました。
 17年春の結党大会では、ホップ、ステップ、ジャンプ(決戦)の闘いの展望を示したのですが、安倍が政権維持と延命の野望と意思で“仕掛けた”総選挙により、当初我々が予想していたような形ではなく、17年秋(10月10日告示、22日投票)の闘いになりました。17年春の大会では、「今年中に衆院選があればパスする」と確認していましたが、安倍政権打倒にむけて、候補者を正式に決定する10月22日に開催予定だった大会を延期し、直ちに総選挙に参加することを確認して、2週間の準備期間を経て、12日間の濃密な選挙期間を闘い抜きました。
 衆院選後の17年12月の第2回大会では、ステップの闘いと位置付けていた19年参院選までの期間が当初想定より長期になる中で、スムーズにステップの闘いに移行することになりませんでした。そして、第2回大会後に、17衆院選と19参院選が二年近くも開いたのは「天の配剤(天は物事を適切に配するという意味)」である、ホップの闘い(神奈川11区での闘い)を国会進出本番の闘いへの総稽古と位置づけ、19参院選を3年早めた決戦として、党の総力を挙げた全国的闘争として闘う方がベターだという提案がなされ、今回の臨時大会で、19参院選を確認団体として闘うことが決議されました。
 国会進出の厚い壁を突破し、また腐敗した与野党の議会独占に風穴を開けて議員を送りだすには、参院全国比例制を利用するのが有利ですので、比例区を含め10人の候補者を立て確認団体として闘います。およそ500日後の参院選を、国会に議席を確保し、増やしていく闘いの出発点として闘い抜くこと、そのために〝物心〟両面から、あらゆる面で可能な限りの実際的準備を進めて行きます。年末に予定している第3回党大会で最終的に候補者、選挙区の決定を行います。皆さんの絶大なる、ご支援、ご協力をお願いいたします。


お知らせ・更新情報

TOP

「貧者の一灯」のカンパを!
労働者党ブログ
 労働者党・ツイッター

【連絡先】
  全国社研社 〒179-0074
  東京都練馬区春日町1-11-12-409
  TEL/FAX 03-6795-2822

Visitors since July. 2017
    Total:     
Last Updated :