To English Pages。 メールを送ります。
 ★自民党と反動の改憲策動、軍国主義路線を断固粉砕しよう!
 ★「搾取の廃絶」と「労働の解放」の旗を高く掲げよう!
 ★100万票を獲得し、労働者の代表を国会へ!
   
代表委メッセージ 機関紙『海つばめ』 選挙・議会闘争 党建設・党活動 集会・セミナー等
来年の19参院選で労働者党は確認団体として闘う準備を進めています。昨年闘った17総選挙を伝える『我々はいかに闘ったか』(出版物案内をご覧ください)の第2版を出版し、始まった労働者党後援会拡大の闘いに活用されています。労働者の代表を国会へ送るため、一緒にガンバロー!

 闘う労働者の新聞  『海つばめ』 を読もう!
『海つばめ』最新号(1337号)2018/10/7
【一面トップ】参院選特集号 9ヶ月こそ重要
闘う体制明らかに――比例区と共に8選挙区で立つ
【1面サブ1】〝高齢者〟候補としての決意
【1面サブ2】労働者党の10名の候補者
【コラム】飛耳長目
【二面〈主張〉】17総選挙の二の舞に――「オール沖縄」戦術は災いの元
【二面トップ】労働者党は19参院選に向けて、基本的に、以下のような政治路線や政策を柱に闘う

 ※『海つばめ』電子版(テキスト版又はPDF版)も販売しています。
 本紙=50円+税 詳細は
こちら。 PDF版の見本はこちら
 ※注目記事はこちら。


 9月末、第3回大会を開催、
 来年の参院選を闘う体制と陣容を確認

 ――比例区2、選挙区8の候補者を選出

 労働者党は9月末、第3回大会を開催、来年の参院選を闘う体制と陣容を確認し、比例区及び8選挙区の候補者をいわば公認しました。これからの参院選までの9ヶ月こそ重要な時期です。その10名とは(続く)

 「労働者党の基本的な政治路線や政策」が発表されました。


 
参院選を戦う10名の面々
 
長野選挙区は斎藤よしあきさん 
 斎藤さんは、1970年代の「マル労同」の時代から今日まで、四十数年間にわたって、我々の同志として活動してきた筋金入りの党員である。だが、その風貌には「闘士」のイメージはない、極めて控えめで生真面目な人柄がにじみ出ている。彼は、入党の動機として、当時の機関誌『火花』の理論と「真摯な姿勢」とに感銘を受けたからと言っているが、彼自身が正にその「真摯な姿勢」を貫いてきた人である。





  愛知・豊橋駅頭でマイクを握る古川ひとしさん

お知らせ・更新情報

TOP

「貧者の一灯」のカンパを!
労働者党ブログ
 労働者党・ツイッター

【連絡先】
  全国社研社 〒179-0074
  東京都練馬区春日町1-11-12-409
  TEL/FAX 03-6795-2822

Visitors since July. 2017
    Total:     
Last Updated :